町田市のクルマ買取り専門店

出張査定無料!
町田市のクルマ買取り専門店 ジェイカーズ

お役立ちコラム

【車の状態別】車を買い取ってもらう流れ~中古車・廃車・事故車・故障車・車検切れの場合~

買い替えや故障、引っ越しなど何らかの理由で車を手放す際には中古車として売却するのがおすすめです。年式が古い車や走行距離が多い車でも、意外な金額で売れることがあります。
また、廃車にするような車であったとしても、売却できる場合があります。
この記事では、はじめて車の売却を考えている方のために、買取の基本的な流れを車の状態ごとにご説明します。


1.車(中古車)を買い取ってもらうまでの基本的な流れ

車を中古車として買い取ってもらう基本的な流れは以下のようになります。

車の状態が一般的に中古車と見なせない場合(廃車や事故車など)は後半の内容をご覧ください。

1.買取店を探す
まずは車を買い取ってくれるお店を選びましょう。具体的には買取専門店やディーラー、中古車販売店、整備工場などが挙げられます。近所の業者に話を聞いてみるのもいいですが、好条件で買い取ってもらうためには買取店選びが大切。ネットなどの口コミや評判も参照してみましょう。ジェイカーズの口コミ・お客様の声はこちらをご覧ください。
2.査定を受ける
候補が見つかったら車を持ち込んで査定を受けます。査定スタッフが車の状態を確認した上で買取金額を提示してくれます。お仕事などでお忙しい方は出張査定も便利です。
3.必要書類の準備・提出
査定額に納得して買い取ってもらうことになったら準備を進めます。車を売却するためにはさまざまな書類を揃えなければなりません(詳しくは後述します)。書類を買取店に提出します。
4.車を引き渡す
いよいよお店に車を引き渡します。忘れ物はないか?ナビなどに登録した個人情報を削除したか?しっかりとチェックしておきましょう。
5.入金
引き渡しが完了したらあとは入金を待つだけです。お店によって入金日は異なるので、事前に確認されることをおすすめします。

以上が車を売却する際のおおまかな流れです。詳しくはこちらのページ(ただ今準備中)をご覧ください。

車の買取相場は?

それでは車はいくらくらいで売れるのでしょうか?結論から言うと「元値の●%」というように明確な相場はありません。車種や年式、グレード、色、走行距離、状態、見た目の美しさ、市場のトレンドなど、さまざまな要素によって決まるからです。
年式が古いため大幅に価格が下落することもあれば、逆に希少価値が高く元値とほとんど変わらないか、むしろ元値よりも上回るケースもあります。
大まかな買取価格を知りたい場合はシミュレーションサイトを活用してみましょう。

※一般的なシミュレーションは車の装備や状態(傷など)、修履歴などの要素が含まれないため、高い結果がでます
※業界的にシミュレーションを出す際や見積り依頼時に個人情報を登録すると、かなりの数の営業電話がかかってくるケースがあるため、ご注意ください

車の買取に必要な書類

車を購入する際に、さまざまな手続きを行った記憶があるかもしれません。同様に売却時にもさまざまな書類を用意して手続きを行う必要があります。

車を売却する際には以下のような書類が必要となります。

  • 車検証(自動車検査証)
  • 自賠責保険証明書
  • 自動車リサイクル券
  • 自動車税納税証明書
  • 実印と印鑑登録証明書
  • 委任状
  • 譲渡証明書

こうして見ると分かりにくいかもしれませんが、車検証や自賠責保険証明書は車検時に発行されています。自動車リサイクル券は購入時に発行されているはずです。自動車税納税証明書は自動車税の納付時に受け取ります。印鑑登録証明は役所に発行してもらう必要があるため若干手間ですが、多くの書類は手元にあるはずです。委任状と譲渡証明書については買取店側が作成します。
車の種類ごとに買取に必要な書類は変わってきます。そちらについてはクルマ買取~必要な書類~をご覧ください。

買い取ってもらう際の税金


4月1日時点で車を保有している場合、5月末までに1年分の自動車税を支払わなければなりません。なお、売却したタイミングによっては還付されることもあります。

詳細はこちらの記事(ただ今準備中)をご覧ください。

2.【状態別】車の買取の流れ~廃車・事故車・故障車・車検切れ~

大まかな車の売却までの流れはご理解いただけたかと思います。車は正常に動く状態でないと売れないというイメージもあるかもしれませんが、実は廃車や事故車、故障車でも買い取ってもらうことは可能です。ここからはこれらの買取について見ていきましょう。

①廃車の買取について

走行距離が多い車や昔の車は売れないから廃車にしようと思われる方もいらっしゃるかと思います。しかし、廃車であっても買い取ってもらうことは可能です。

確かに古い車は極端に価値が下がり、日本では車の寿命=10万kmとも言われています。しかし、走行距離が多くても、年式が古い車でも、しっかりメンテナンスを行えば問題なく走れます。特に品質が高い日本車は海外では10万kmを超えたとしても高く売れる傾向があります。

また、走行に支障が出ているレベルの車であっても故障箇所以外のパーツを使うことはできます。たとえばエンジンが壊れてもタイヤや内装材、エアロパーツなどエンジン以外の部品を再利用することは可能です。

このように、廃車であっても活用できる可能性は十分にあるため、あえて廃車を買い取ってくれる業者も少なくありません。

通常の買取との相違点

廃車の場合は廃車買取業者もしくは廃車の買取に対応している中古車買取店に依頼します。大まかな流れは一般的な中古車と同じく、査定を受ける→車を引き渡す→入金という流れです。永久抹消登録などの手続きも業者がしてくれます。

ただし、自走できない場合はレッカーを手配しなければなりません。

廃車の手続き方法や買取について詳しくは以下のページをご覧ください。

廃車の手続き方法を徹底解説
廃車の手続きにはいくらかかる?費用を徹底解説

廃車買取サービスはこちら

②事故車・故障車の買取について

事故車・故障車であっても買い取ってもらうことは可能です。特にキーとなるのは「修復歴」です。中古車業界では修復歴がある車のことを修復歴車と呼びます。修復歴とは車の骨格(シャーシやフレームなど)を修理した履歴のことです。事故はしても板金で補修した程度であれば普通に中古車として売却可能です。

通常の買取との相違点

修理済みの事故車・故障車であれば普通の車と同様に中古車買取店などに依頼します。ただし、「修復歴あり」とされた場合は一般の車よりも買取金額が低くなってしまう可能性が高いです。

たとえば事故をしてしまったから売りたい場合はあえて修理しないほうがいいかもしれません。お金をかけてわざわざ修理をしても希望した金額で売れない可能性があります。かえってそのまま査定に出したほうが損をしないケースも多いです。

事故車の手続き方法や買取について詳しくはこちらのページ(ただ今準備中)をご覧ください。

③車検切れの車買取について

車検切れの車も買い取ってもらうことは可能です。車検が切れていることで査定額がかなり下がると思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、それほど減額されることはなく、せいぜい1~2万円ほどです。そのため、わざわざ高く買い取ってもらうために車検に出す必要はありません。

通常の買取との相違点

通常の車の買取と大きな流れは変わりません。しかし、当然ながら買取店やディーラーにもっていく際に、その車検切れの車にうっかり乗っていってしまうと法律違反となります。そのため、持ち込み査定ではなく出張査定・出張買取を依頼することをオススメします。

車検切れの車の買取について詳しくはこちらのページ(ただ今準備中)をご覧ください。

3.【番外編】特殊な買取の流れ

最後に特殊なケースでの買取について考えてみましょう。しばしばあるのがリース車の買取とパーツ買取です。

リース車の買取

リース車とはリース会社が所有者となっている車のことです。利用者はリース会社から車を借りる代わりにリース料金を支払います。

リース期間中に利用者がリース会社に無断で第三者に車を売るのは違法です。リース車を売却するのであれば、リース会社から利用者が車を買取り、利用者名義に変更した上で中古車買取店に売却するという流れになります。

リース車の手続き方法や買取について詳しくはこちらのページ(ただ今準備中)をご覧ください。

車のパーツの買取

前述のとおり、廃車や事故車、故障車であってもパーツを利用するなどの用途があるため、業者によっては買い取ってもらえます。ただし、車まるごとではなくパーツを取り外して単体で売却したほうが、高値がつくケースもあります。

たとえば人気が高いブランドのタイヤ、ホイール、カーナビやオーディオ、シート、ステアリングなどは、車をまるごと売るよりもパーツ単体で売ったほうがいい場合があります。

ただし、取り外し作業を行わなければならず、一般の方ではハードルが高いのが難点です。

車パーツの手続きや買取について詳しくはこちらのページ(ただ今準備中)をご覧ください。

まとめ

車を手放すのであれば廃車にしてしまうよりも中古車として売るのが断然おすすめです。廃車にする場合、抹消登録料やリサイクル料金など、さまざまな費用がかかります。売却すれば多かれ少なかれ利益を得ることが可能です。年式が古い車、過走行車、あるいは廃車、事故車、故障車、車検切れの車まで、あらゆる車を売ることができます。

車の処分にお困りなら、まずはジェイカーズにお気軽にご相談ください。

TOP